2006年04月19日

発芽と出芽

 「発芽」も「出芽」、どちらも芽を出すことには変わりないのですが厳密には違います。
「発芽」は種から芽の出ること。発芽玄米のように、ほんの少し芽が動き出したところです。
「出芽」は地面から芽が出たところ。つまり昨日のスカビオサの写真が「出芽」したところです。

 植物側から見れば「発芽」は大きな変化の時ですが、「出芽」はその延長線上で何ら意識していません。一方、人間から見れば「発芽」は土中で見ることができず意識の中にもありませんが、「出芽」することによって姿を確認できるのですから一番の関心事になるわけです。

 見方、見え方が違うと感じ方も違うんですね。


posted by ゆみこ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。